一時的に使わなくなったものを収納できるレンタル倉庫を選ぶときに注意したいことは?


毎月の利用料金が分かりやすいところを探そう

レンタル倉庫は、衣服や家具、家電製品など一時的に使わなくなったものを収納する際に役立つ場所として多くの消費者の間で浸透しつつあります。そうした中、初めてレンタル倉庫の契約をするときには、費用に関するトラブルを避けるため、できるだけ毎月の利用料金が分かりやすい倉庫を中心に探すことがポイントです。たとえば、大手チェーンの企業が管理するレンタル倉庫の中には、倉庫のスペースや利用期間によって料金が決まるシステムを取り入れているところが多くあります。また、契約期間中に追加料金が一切発生しないところや、月末の契約更新を簡単に行えるところもあるため、じっくりと近場にあるレンタル倉庫の特徴を比較することがおすすめです。

貴重なものを保管したいときは安全面にも気を付けよう

ジュエリーやパソコン、大型家電など比較的高額なものをレンタル倉庫で保管したい場合には、契約の前に安全面の対策がしっかりとおこなわれているかどうか確認をすることが重要です。たとえば、オートロック式の入室管理が行われているところや、24時間受付のスタッフや管理人がいるところは、料金が高いところが目立ちますが、いつでも安心して貴重品を預けることが可能です。最近では、防犯性を高める目的で、電子式の鍵を取り入れたり、スマホやパソコンを使って貴重品の状態を把握できたりするレンタル倉庫も登場しています。そこで、時間をかけて多くの利用者に選ばれているレンタル倉庫のメリットについて調べておくことが重要です。

3PLとはサードパーティー・ロジスティクスの略で、第三者企業が荷主企業の物流部門の業務を包括して受託することを指します。