家庭での太陽光発電で悩まないためにはここに気を付けよう!


設備を揃えるのに掛かる費用や使える助成金をチェック

家庭内で太陽光発電を始めるには、電力会社との契約手続きが必要となったり、屋根に設置をする設備を整えるために高額な費用が発生したりすることがあります。そうした中、将来に向けて太陽光発電に取り組みたい場合には、早い段階で自宅の周辺にある工務店に相談をして、一般家庭で主流となっているソーラーパネルの特徴について教えてもらったり、取り付け工事のために必要なおおよそのコストについて見積もりをお願いしたりすることがおすすめです。また、自治体によっては新たに太陽光発電の設備を購入する地域住民を対象に、一定額の資金援助を行っているところもあります。そこで、家計の負担をなるべく少なくしたい場合は、余裕をもって使える助成金の金額や申請方法についてチェックすることが大切です。

信頼できる工務店に設置から修理までをお任せしよう

長期にわたり家庭内で太陽光発電を継続するには、ソーラーパネルをはじめとした発電装置の性能を良い状態に保つことが銃となります。そのため、各地にある工務店の太陽光発電に関する工事の実績に目を向けて、少しでも信頼できる店舗に発電装置の設置から修理を任せることが肝心です。また、数ある工務店の中でも太陽光発電に関する知識や技術に長けた職人が在籍しているところは、時期によって依頼が殺到したり作業費用が高くなったりすることもあるため注意を払うことが大切です。その他、発電装置の耐用年数については、素人にとって分かりづらいこともあるため、工事の際に担当者に詳しく話を聞きましょう。

太陽光発電の価格は、一般的に「1年稼働させれば元が取れるだけの電力を賄える」と言われています。昨今では太陽光発電で作った電気を電力会社に売ることもできます。